ヴィオレッタグループロゴマーク
ページイメージ
業務案内
概要

ストレッチラッセル生地がインナーファンデーション製品となり、皆様のお手元に届くまでには、数多くの段階を経ます。その中で、私どもヴィオレッタが担当するのは、生地の企画・開発・生産です。厳選した原料を仕入れ、企画に沿った機能デザインを施し、生地を生産し、お客様であるファンデーションアパレル企業に納入しています。


デザイニング
デザイン作業写真

デザイン&製図
アパレルからの企画・アイデアを基本的にファブリックとして創造する、極めて重要な作業です。特に最近は、高機能・高品位が要求される為、素材原料を含めて、総合的なノウハウが必要となります。


マニュファクチャー
原糸写真

準備作業
ファブリックを生産する前の工程で、約15,000本もの原糸を一斉に使います。私どものラッセル機には、ビームと呼ばれる巨大なボビンに原糸を巻く必要があります。このビームは約24個、原糸だけで総重量約2トンにもなります。


編立て機械

編立て
準備作業で取り付けた約2トンものビームを1台の編機に設置します。約15,000本もの繊細な原糸が編み立てられていきます。ピエゾジャガード機をはじめ、コンピューター制御の編機など、多くの機種・機台を保有しています。


染色機械

染色
編み立てられたファブリックは、アパレルの企画にもとづいて、提携先の染色加工会社で染色加工並びに様々な最終加工処理がなされます。そして、生地の持つ特性・品位を活かしたテキスタイルファブリックとして完成します。


製品検査写真

製品検査
テキスタイルファブリックとして、アパレルユーザーの求める品質・機能・品位などの最終確認、チェックを行います。私どものファブリックは、直接肌に接するため、多くの試験をクリアーしたものだけがユーザーのお手元に届くのです。


個人情報について 

免責・注意事項 


Copyright (c) since 2006 violetta Corp, All Rights Reserved.